親は公立出身。娘は超管理型の私立中高一貫校生!

2016年4月に私立中高一貫校に入学した娘と、普通のサラリーマンの夫との、楽しくもストレルフルな日常を綴ります!

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


国立中学から私学に志望校変更した理由

05月16日(月)14時50分
最初にお話した通り、私たち夫婦は国立中学を受験させたかったんです。

風向きが変わったのは、小6の9月頃。




娘が小3の時に、初めて私たちの希望する国立中学の過去問を見たら
凄~く、難しく感じたんです

1番初めの簡単なはずの計算問題が、単位分数の計算。
受験算数をご存知の方なら簡単に解ける問題。

ところが私たち親は、中受未経験者。
通分して解けない分数の加法減法なんて?
ビックリしたことを覚えています。

家から通える範囲に、国立中学向けの塾はないし
かろうじて通える範囲の塾となると、大手塾。

いくつか入塾テストを受ける予定が、1番初めに受けた
浜学園に入りたいと娘が言い出したんです。
娘からしたら、いくつものテストを受けるのが面倒だったのでしょう。
小5からお世話になりました。

大手塾のカリキュラム。想像以上の難易度と膨大な量
それを着々とこなして、そろそろ過去問を解いてみようと
思ったのが、小6の9月。

でね・・・。
あれだけ、初めて見た時に衝撃を受けた入試問題が
メチャクチャ簡単に見えたんです
初見で高得点をマーク。
だって、塾では難しい相似や立体図形の問題をバンバン解いていた時期。
志望する国立中学は合同しか出ない。
立体の切断も出ない。 相似も出ない。

娘にしたら、「今の塾の勉強が活かされてない」わけです。

実際は倍率が高いので、凡ミスをした時点で不合格になると思うのですが
難易度=易しいレベルが低い。
そう思い込んでしまったようで・・・
一緒の国立中学を目指していた塾友も、ほとんど私学に転向。

目指させようとしていた国立中学。
自由な校風で、パーマ・染色OK。学校にDS持参OK。
お菓子OK。 本当に自由な学校で、私が行きたいくらい

「国立は実験校で進学校ではない。
 入るときは大変なのに、先取り教育もしない
 (志望している)国立中学はもったいない。」

よく言われました。

でも私たち親は、良い環境で学ばせたかっただけで、
京大や国公立医学科に行かせようとしているわけではないんですよ。


加えて、志望する国立中学のそっくり模試。
他塾で行われる模試を、定期的に受けたのですが
この「国立中学受験専門塾」の生徒さん。
彼らの印象が、とても悪くて・・・。

「彼らと同じ学校で学びたくない。」と娘。

「たぶん、そういうお子さんたちは合格しないと
思うよ~」と言ってみても、無駄でした。

あえて、親から見るマイナスポイントは
志望する国立中学の受検科目が
国・算・理・社・音・体・図・家庭科の8教科

主要4教科は塾で勉強するにしても、負担が大きい。
音楽は作曲。公立小学校で作曲なんて勉強しないでしょ?
図工はデッサン。そのために、絵を習いに行く?
体育。ハードルや器械体操は苦手。
家庭科。歴史並みに覚えることがありすぎる
英語は必修科目になれば、英語も受験科目に加わることでしょう。


この科目数の多さには、疑問を持っていましたが
どの学校にせよ、多かれ少なかれ
疑問に思うことはあると思うんです。


そのような時に、娘が自分で行きたい学校を見つけてきました。

今通っている中学です。

国立中学の自由さと緩さとは、180度反対にある学校。


男女交際禁止。ヘアスタイルはもちろんうるさい!
礼儀も勉強も、全てに厳しくて有名。
課題も多い


あまりにも真逆な校風の学校なので
塾の先生も大反対


「その学校を第一志望にするのなら、上位合格しなさい。
 特待合格を目指してください。」


塾側からは、そう告げられました
通っていた塾 浜学園は、最後まで親の希望の国立中学を
受けるように、言ってくれていたのですけどね…。








にほんブログ村
スポンサーサイト
中学受験を振り返ってコメント(0) |トラックバック(-)


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

PinnaMAMA

Author:PinnaMAMA
ウロコインコのぴなたんを飼っています。

メインブログはこちらから・・・
ウロコインコとのもふもふ Happy Life


2016年4月から、私立中高一貫校に通う娘を持つ母親の喜びや苦悩を、こちらでこっそり綴りたいと思います。決して、難関大学を目指すためのブログではありません。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。